古い情報です、現在メンテナンスされていません
「桐 ver9-2012」以降はWindows7 64bitに対応しています
以下の方法を行う必要はありません。

64bitOS上でクロス・エクセル機能を使う

目次

「桐 ver9-2009a(桐9-2004 sp5)」のクロス・エクセル機能は64bitOSに非対応です。
これは、クロス・エクセル機能の中核である

C:\K3\KIRIV9\System\OLEDBIO.EXE

のファイルが.netでAny CPUとして作成しているため、64bitOS環境では64bitで起動してしまう事が原因です。
以下のパッチで32bitで起動するように修正できます。

ダウンロード

動作環境および要件

  • OS
    64bit の Windows 7 (32bit の Vista・XPは試していませんが恐らく使えます)
  • その他条件
    桐 ver9-2009a(桐9-2004 sp5) ※他のバージョンでは使えません
    インストール先を「C:\Program Files」や「C:\Program Files (x86)」にしない事(標準では「C:\K3」になっていると思います)
  • 利用条件
    誰でも無料でお使い頂けます(もちろん企業内でもご自由にお使い頂けます)
  • 注意事項
    このプログラムは桐を作成した「管理工学研究所」に公式に許可を受けたものではありません
    このプログラムを使った事による障害等があっても何の保障も致しません
    以上の事に納得出来る方だけお使い下さい。

パッチで何を変更しているの?

やっている事は、Microsoftが配布している .NET Framework SDK のCorFlags.exeというツールで、必ず32bitで起動するように修正しているだけです。

corflags.exe /32BIT+ C:\K3\KIRIV9\System\OLEDBIO.EXE

詳しい内容を知りたい方は、以下のページを参考にしてください。

添付ファイル: fileKIRIV9_CrossingExcel_64bitOS.zip 1336件 [詳細]