検証環境

  • DTM
    • Windows 10 Pro 64bit (April 2018 Update)
    • SOUND Canvas VA
    • VSTHost
    • loopMIDI
    • USB-MIDI I/F ケーブル(YAMAHA USB-MIDIインターフェース UX-16) 2本
    • TMIDI Player 3.8.6
  • レトロPC・エミュレータ
    • Anex86 2.78
    • T98-NEXT 20100525版
    • XM6 TypeG 3.30 L35
    • PC-9821 Ce/S2

この情報の基本は以下のサイトを参考にしています、有益な情報ありがとうございます
SOUND Canvas VA用にVST Hostを利用するというワザ : 藤本健の“DTMステーション”

(2020/9/24追記)今後は「Roland Account Service」は終了し「Roland Cloud」での販売になります
これに伴い、以下に記入した手順が若干変わる可能性があります(未確認、購入方法やプラグインが置いてあるパス等が変わるかもしれません)

(2020/9/24追記)以前の「Roland Account Service」の「SOUND Canvas VA」をお持ちの方は「Roland Cloud」に移行されます
以下のページを確認して移行作業を行ってください
Roland - Stand-Alone Articles - Content Store Migration

最初に行う事

1.SOUND Canvas VA を買う&インストール

SOUND Canvas VAはRolandが販売している有料アプリです
※私が買ったときは15,120円でした
Roland - Sound Canvas VA | Software Synthesizer

(2020/9/24追記、以下未確認)今後は「Roland Cloud」での販売になる模様
サブスクリプションでは無く、以前と同じ買い切り購入したい場合はFreeプランで「Lifetime Key」の購入をすれば良い???

Roland Cloud Manager をインストールしてログイン、起動したRoland Cloud Managerアプリからインストールします

2.VSTHostでSOUND Canvas VAを初期セッティング&アクティベーション

以下のサイトで「VSTHost」をダウンロードします
VSTHost
私は「vsthostx64.zip」をダウンロードしました

「vsthostx64.zip」を展開、ファイル群を適当な場所に置いてから「vsthost.exe」のショートカットを作成します

先ほど作成したショートカットでVSTHostを起動

起動したVSTHostの灰色背景を右クリック→「File」→「Set Plugin Path…」を選択

「VST Plugin Paths」ウィンドウが出るので、右下の「…」ボタンで、Sound Canvas VAのプラグインが置いてあるパスを追加します

私の環境では以下の場所でした

C:\Program Files\Vstplugins\Roland\Sound Canvas VA

VSTHostの灰色背景を右クリック→「File」→「Plugins」→「SOUND Canvas VA」を選択

警告が出ますが、「OK」ボタンを押して進めます
(2020/9/24追記)今の「Roland Cloud」版では以下の警告は出ません

Sound Canvas VA が読み込まれて、以下の様な画面が出ます

※SOUNDCanvasのUI画面が出ていない時は、以下のアイコンを押すと出てきます

SOUNDCanvasのUI画面にある「OPTION」ボタン→「Activation…」を選択
(2020/10/13追記)今の「Roland Cloud」版ではこの操作は不要です

購入した際に作成した「Roland Account Service」アカウントのメールアドレスとパスワードを入力→「アクティベート」ボタンを選択
(2020/10/13追記)今の「Roland Cloud」版ではこの操作は不要です

以下の様なダイアログが出て、アクティベーションが完了します
(2020/9/24追記)今の「Roland Cloud」版ではこの操作は不要です

3.loopMIDIのインストール

「TMIDI Player」等のWindowsアプリからMIDI機器として使いたい場合にはloopMIDIをインストールする必要があります

以下のサイトで「loopMIDI」をダウンロードします
loopMIDI | Tobias Erichsen

ダウンロードしたzipファイルを展開、「loopMIDISetup.exe」をダブルクリックします

「I agree to the license tems and confitions」にチェックを付けて「Install」ボタンを選択→インストールを最後まで進めます

タスクトレイアイコンにloopMIDIのアイコンが常駐するので、 アイコンをダブルクリックします

loopMIDIのウィンドウが表示されるので「New port-name」に分かりやすい名前を入れて「+」ボタンでMIDIポートを追加します
私の場合は「loopMIDI Port A」「loopMIDI Port B」「loopMIDI Port C」「YAMAHA Virtual MIDI Device 0」という名称で追加しています

4.VSTHostの初期設定

VSTHostの「Devices」→「MIDI…」を選択

「MIDI Settings」ウィンドウが開きますので「MIDI Input Devices」タブを選択して、入力で使うMIDIポートを選択します
複数選択したい場合は[Ctrl]を押しながらクリックします

「MIDI Output Devices」タブを選択して、出力で使うMIDIポートを選択します
複数選択したい場合は[Ctrl]を押しながらクリックします

※私の環境ではloopMIDIで「loopMIDI Port A」「loopMIDI Port B」「loopMIDI Port C」「YAMAHA Virtual MIDI Device 0」を作成したのと、USB-MIDI I/F ケーブル(YAMAHA USB-MIDIインターフェース UX-16)を2本接続しているので「Yamaha UX16-1」「2- Yamaha UX16-1」という表示になっています

最後に「OK」ボタンを押して、設定を確定します

VSTHostの「Devices」→「Wave…」を選択

Wave出力を設定します、方式によって色々あります
※聞き専なので私はお手軽な(b)を使っていますが、本格的にDTMをやろうとしている人はASIOに対応してるサウンドカードを増設して(a)設定にすると思います

(a)ASIO
ASIOでBufferが64 samplesを設定すると遅延がぼほ無い環境になりますが、サウンドカードが占有されます(他のアプリ…例えばSkype等でそのサウンドカードが使えなくなる)
DTMを本格的にやる人はマザーボードのサウンド機能とは別に、ASIO対応のサウンドカードを付けていると思いますので、そういう方はこの設定になります

(b)MME
マザーボードのサウンド機能だけの方向け、その①
MMEは古い規格ですが動作が軽い様で、私の環境ではBufferのsamplesの値を96まで下げられました(これより下はプチノイズが発生)
私は現在この設定で使っています

(c)DS(Direct Sound)
マザーボードのサウンド機能だけの方向け、その②(非推奨)
DSはBufferをたっぷり取らないとノイズが惨いです…さらにBufferが多いせいでアプリから送信した1秒後ぐらい遅延して音が鳴り始めます
さらに、私の環境ではSample Rateが44100しか設定できませんでした

上の歯車アイコンが選択状態になっている事を確認します
ここが選択状態でなければ、音が鳴りません

5.MIDIポートとSOUND Canvas VAの結び付け設定

「SOUND Canvas VA」のMIDI端子の形をしたアイコンを選択

MIDIポートを選択します
複数選択する時はキーボードの「Ctrl」キーを押しながらマウスで選択して下さい

1つの「SOUND Canvas VA.dll」で16PART(16ch)の再生となるので、SC-88・SC-88Proの実機を想定すると以下の様な感じになると思います

6.結び付け設定の保存と呼び出し

前項「5.MIDIポートとSOUND Canvas VAの結び付け設定」の保存と呼び出しを行えます
これをしないと設定が消えてしまうため、必ずやっておきましょう

まずは「Perfomance」→「Autosave Plugin Banks」にチェックが入っているか確認します、入っていなければチェックを入れてください
※一度設定すれば、今後はずっとチェックが入ってるはずです

SOUNDCanvasのUI画面にある「OPTION」ボタン→「SYSTEM」を選択

※SOUNDCanvasのUI画面が出ていない時は、以下のアイコンを押すと出てきます

「Map Mode」(SC-55・ SC-88・SC-88Pro・SC-8820)を設定後、「RESET」ボタンを押します
※この「RESET」ボタンはMIDI信号の「GMシステムオン&GSリセット」という初期化を行っていると思われ、余計な設定が保持されないために行います

もう一度「OPTION」ボタン→「SYSTEM」を選択します
※おまじないです、「RESET」ボタンを押した後にこれをやって保存しないと、次回呼び出し時に「SYSTEM MENU」が表示されず不便なので…

「Perfomance」→「Save As…」を選択

①「Name:」に名前を付ける
②保存する場所を選択
※000には保存せず、001以降で登録する事をお勧めします
③最後に「OK」ボタンを押して、設定を確定します

設定の読み込みは、左上の所で出来ます

ちなみに私は「Map Mode」別で設定を保存しています
こうしておけば、今後いちいちMapModeの設定操作をせずに済むからです

様々なアプリや機器からMIDI音源として利用する

TMIDI Playerから使う

ふみぃのソフトウェア工房
[TMIDI Player]→[loopMIDI]→[VST Host(+SOUND Canvas VA)]

  1. TMIDI Playerを起動して、「オプション」→「MIDI設定」
  2. 「ポート」タブの「ポートA」と「ポートB」にloopMIDIで作成したポートを設定する
  3. 「エミュレーション」タブの「使用している音源」を設定
    以下の4つの内、どれかを選んでください

     

    • SC-55
    • SC-88
    • SC-88Pro
    • SC-8820
  4. VSTHostのSOUNDCanvasのUI画面にある「OPTION」ボタン→「SYSTEM」を選択
  5. Map Modeを選択します
    先ほどTMIDI Playerの「エミュレーション」タブの「使用している音源」と同じものを設定して下さい

Anex86(PC-98エミュレータ)から使う

[ Anex86 : PC-9801 エミュレータ導入方法 ] - Mr.XRAY
[Anex86]→[loopMIDI]→[VST Host(+SOUND Canvas VA)]

  1. Anex86を起動して、「Config」ボタンを選択
  2. 「MIDI」タブの「Use MPU」をチェック→「loopMIDI Port A」を設定
    残念ながら「loopMIDI Port B」と同時設定は出来ません
  3. スクリーンショット

T98-Next(PC-98エミュレータ)から使う

akiyuki.boy.jp/t98next/
T98-Next
[T98-Next]→[loopMIDI]→[VST Host(+SOUND Canvas VA)]

  1. 素のT98-NextではMPUの機能が無いので、以下のサイトで「MPU98モジュール」をダウンロードします
    Thor-Hammerのホームページ
  2. ダウンロードしたzipファイルを解凍し、「MPU98.NHW」ファイルをT98-Nextの場所にあるdeviceフォルダーにコピーします

  3. T98-Nextを起動して、「デバイス」タブ→「MPU98.NHW」を選択→「使用」ボタンを選択
    左側に「○」が付きます
  4. 「MPU98.NHW」を選択→「詳細設定」ボタンを選択
  5. 「MIDIデバイス選択」で「loopMIDI Port A」を選択
    残念ながら「loopMIDI Port B」と同時設定は出来ません
  6. スクリーンショット

Neko Project 21/W(PC-98エミュレータ)から使う

以下の別ページを参照

XM6 TypeG(X68000エミュレータ)から使う

XM6 TypeG
[XM6 TypeG]→[loopMIDI]→[VST Host(+SOUND Canvas VA)]

  1. XM6 TypeGを起動して、「ツール」→「オプション」
  2. MIDIタブのMIDIボードを「ボードID1」、割り込みレベルを「レベル4」、リセットコマンドを「GS音源」、割り当てデバイスの出力を「loopMIDI Port A」
    残念ながら「loopMIDI Port B」と同時設定は出来ません

他の機器(PC-9821実機)から使う

[PC-9821実機]→[PC-98 MIDI I/F(OUT)]→[USB-MIDI I/F(IN)]→[WindowsPC]→[VST Host(+SOUND Canvas VA)]

私の場合は「USB-MIDI I/F ケーブル(YAMAHA USB-MIDIインターフェース UX-16)」で、他の機器からのMIDI信号を入力させています
他の機器のMIDI-OUT端子に、UX-16のMIDIケーブルでINと書かれた側を差しました
下記の写真は、年代物の「PC-9821Ce/S2」のMIDIボードにケーブルを差した様子です


アクティベーション管理(旧版)

(2020/10/13追記)今の「Roland Cloud」版は、以下の方法は使えません

以下のページで「SOUND Canvas VA」のアクティベーション管理が出来ます
Roland Account Service | アクティベーション管理
これを見ると、3台までインストール可能な様です

右の「登録済コンピューターの確認」ボタンを押すと、解除も出来る様です
「PCぶっこわれたああああ!!!新しいPCに入れよ…」って時はここで解除すれば良いですね

Windows10なのに、なぜかWindows8で認識されてるのが気になりますが…まぁ正常にアクティベーションされてるので良しとしましょう

参考Webページ

DTM

レトロPC・エミュレータ