戻る

目次

OS丸ごとバックアップ

Windows Vista のBusiness・Ultimateエディション、及びWindows7すべてのエディションには、OSの入ったドライブを丸ごとバックアップする機能があります。
復元もWindowsのインストールCDから行えます

OSのドライブをバックアップする方法

以下の場合は方法が変わる可能性が高いため、ここでは説明の対象としません。

  • HDDがSCSIの場合
  • HDDをRAIDで使っている場合
  • マルチブートで複数のOSを入れている場合
  • その他特殊な環境の場合

Windows7

  1. [スタート] ボタンをクリックし、メニューの [コントロール パネル] をクリックします。
    Windows7Backup001.jpg
  2. [バックアップの作成] リンクをクリックします。
    Windows7Backup002.jpg
  3. [システム イメージの作成] リンクをクリックします。
    Windows7Backup003.jpg
  4. [選択されたハード ディスク] コンボ ボックスに保存先を指定します
    例ではEドライブを保存先にしています
    ※保存先は外付けHDDが望ましいです
    Windows7Backup004.jpg
  5. [次へ] ボタンをクリックします。
    Windows7Backup005.jpg
  6. [バックアップの開始] ボタンをクリックします。
    Windows7Backup006.jpg
  7. [システム イメージの作成] ダイアログが表示され、処理が開始されます
    Windows7Backup007.jpg
  8. [システム修復ディスクを作成しますか?] メッセージ ボックスが表示されます
    ※ここでは説明しませんが、システム修復ディスクは念のため作成しておいた方が無難です。
    Windows7Backup008.jpg
  9. バックアップが終了した事を知らせるダイアログが出ますので [閉じる] ボタンをクリックします。
    Windows7Backup009.jpg
  10. バックアップ先のHDDには「WindowsImageBackup」というフォルダが作成されています。
    WindowsImageBackupFolder.jpg

OSのドライブをリストア(復元)する方法

以下の場合は方法が変わる可能性が高いため、ここでは説明の対象としません。

  • 上記の「バックアップする方法」以外の方法でバックアップを取った時
  • HDDがSCSIの場合
  • HDDをRAIDで使っている場合
  • マルチブートで複数のOSを入れている場合
  • その他特殊な環境の場合

Windows7

  1. この作業をやる前に、間違ったHDDに復元するのを防ぐため、余計なHDDは外しておいた方が無難です
    ※要するに「システム イメージ」が入ったHDDディスクと、復元先のHDDディスクのみにします。
  2. WindowsインストールCD、もしくはシステム修復ディスクCDを入れてPCを起動します
    ※起動中に以下の様な[Press any key to boot from CD or DVD]と出た場合はすぐリターンキーを押します
    Windows7Restore001.jpg
  3. [次へ(N)] ボタンをクリックします。 ※システム修復ディスクの場合は、表示される画面が違います
    Windows7Restore002.jpg
  4. [コンピュータを修復する(R)] リンクをクリックします。 ※システム修復ディスクの場合はこの画面は表示されません
    Windows7Restore003.jpg
  5. [以前に作成したシステム イメージを使用して、コンピュータを復元します。] をクリックします。
    Windows7Restore004.jpg
  6. [次へ(N)] ボタンをクリックします。
    Windows7Restore005.jpg
  7. [システムイメージを選択する(S)] をクリックします。
    Windows7Restore006.jpg
  8. [次へ(N)] ボタンをクリックします。
    Windows7Restore007.jpg
  9. バックアップしたイメージを選択します。 ※普段使っていた時と、ドライブのアルファベットが違う場合があります
    Windows7Restore008.jpg
  10. [次へ(N)] ボタンをクリックします。
    Windows7Restore009.jpg
  11. 復元したい時期を選択します。
    ※複数回バックアップをしている場合はここに複数の時期が並びますが、特に理由がなければ最新の物を選んで下さい
    Windows7Restore010.jpg
  12. [次へ(N)] ボタンをクリックします。
    Windows7Restore011.jpg
  13. [ディスクをフォーマットしてパーティションに再分割する(F)]によって以下の方法を取って下さい
    • チェックが入っている場合
      1. [ディスクの除外(E)] ボタンをクリックします
        Windows7Restore012.jpg
      2. 復元する際に、そのまま残しておきたいディスク(上書きしないディスク)にチェックを入れて [OK] ボタンを押します。
        例ではディスク0に復元するため、チェックを入れていません。
        ※ここで復元先のディスクをチェックする訳ではないので注意!
        Windows7Restore013.jpg
      3. [次へ(N)] ボタンをクリックします。
        Windows7Restore014.jpg
    • チェックが入っていない場合
      1. [次へ(N)] ボタンをクリックします。
        Windows7Restore014_2.jpg
  14. [完了] ボタンをクリックします。
    Windows7Restore015.jpg
  15. [はい(Y)] ボタンをクリックします。
    Windows7Restore016.jpg
  16. ディスクの復元が始まります。
    Windows7Restore017.jpg

復元先のディスクにデータドライブがある場合の補足

復元先のディスクが、パーティションを切って複数のドライブになっている場合、復元の際にデータのドライブは影響を受けない様です。
例えば、復元先のディスクにOSのドライブとデータのドライブが存在していた場合、そのドライブに復元しても、データドライブは消されない様です。
…と言い切りたい所ですが、自分の環境ではそうなったという結果でしかないので、データドライブが絶対消えないという保証は出来ません。

バックアップされたディスクイメージファイルの中身を見る

バックアップ先のHDDには「WindowsImageBackup」というフォルダが作成されています。
この中には各種設定ファイルと、VHDファイル(VirtualPC形式のディスクイメージファイル)が含まれており、このVHDファイルの中にバックアップされたファイルが入っています

Windows7は標準でこのVHDファイルの中身を見る機能が付いており、通常のドライブとしてアクセスする事が出来ます。

接続(マウント)

  1. バックアップしたデータを壊す危険性を防ぐため、VHDファイルをコピーします
    例として、バックアップ先がEドライブ、PC名が「mypc」、バックアップした日が2010年3月10日だった場合は以下の様なフォルダになっています
    E:\WindowsImageBackup\mypc\Backup 2010-03-10 ??????\
    ファイルは以下のような拡張子がVHDのファイルになってます
    ????????-????-????-????-????????????.vhd
    ※VHDファイルが2つある場合がありますが、これはWindows7をクリーンインストール時にディスクの先頭に200MBのパーティションが生成されるため、その分も保存されるためです。
    容量の多い方のVHDファイルをコピーして下さい。
  2. [スタート] ボタンをクリックし、メニューの [コンピュータ] を右クリック、 [管理(G)] を選択します。
    Win7VHDMount001.jpg
  3. [ディスクの管理] をクリックします。 ※右側にディスクの構成が表示されるまでお待ちください
    Win7VHDMount002.jpg
  4. [ディスクの管理] を右クリックします。
    Win7VHDMount003.jpg
  5. [スタート] ボタンの [VHD の接続] をクリックします。
    Win7VHDMount004.jpg
  6. [参照] ボタンをクリックします。
    Win7VHDMount005.jpg
  7. 先ほどコピーしたVHDファイルを選択します。
    Win7VHDMount006.jpg
  8. [開く] ボタンをクリックします。
    Win7VHDMount007.jpg
  9. [OK] ボタンをクリックします。
    Win7VHDMount008.jpg
  10. VHDファイルに接続し、新たなドライブとして追加(マウント)されます ※ドライブは水色で表示されます
    Win7VHDMount009.jpg
  11. 追加されたドライブは通常のドライブとしてアクセス出来ます ※OSを再起動するとこの接続は自動的に解除されます
    Win7VHDMount010.jpg

接続解除(アンマウント)

  1. [スタート] ボタンをクリックし、メニューの [コンピュータ] を右クリック、 [管理(G)] を選択します。
    Win7VHDMount001.jpg
  2. [ディスクの管理] をクリックします。 ※右側にディスクの構成が表示されるまでお待ちください
    Win7VHDMount002.jpg
  3. 表示されたディスクの構成の下部にある [ディスク ?] を右クリックし、メニューの [VHD の切断] をクリックします。
    Win7VHDMount011.jpg
  4. [OK] ボタンをクリックします。
    Win7VHDMount012.jpg

添付ファイル: fileWin7VHDMount012.jpg 895件 [詳細] fileWin7VHDMount011.jpg 883件 [詳細] fileWin7VHDMount010.jpg 909件 [詳細] fileWin7VHDMount009.jpg 901件 [詳細] fileWin7VHDMount008.jpg 963件 [詳細] fileWin7VHDMount007.jpg 914件 [詳細] fileWin7VHDMount006.jpg 913件 [詳細] fileWin7VHDMount005.jpg 905件 [詳細] fileWin7VHDMount004.jpg 809件 [詳細] fileWin7VHDMount003.jpg 916件 [詳細] fileWin7VHDMount002.jpg 919件 [詳細] fileWin7VHDMount001.jpg 838件 [詳細] fileWindowsImageBackupFolder.jpg 949件 [詳細] fileWindows7Restore014_2.jpg 879件 [詳細] fileWindows7Restore017.jpg 824件 [詳細] fileWindows7Restore016.jpg 901件 [詳細] fileWindows7Restore015.jpg 814件 [詳細] fileWindows7Restore014.jpg 814件 [詳細] fileWindows7Restore013.jpg 893件 [詳細] fileWindows7Restore012.jpg 939件 [詳細] fileWindows7Restore011.jpg 850件 [詳細] fileWindows7Restore010.jpg 898件 [詳細] fileWindows7Restore009.jpg 899件 [詳細] fileWindows7Restore008.jpg 970件 [詳細] fileWindows7Restore007.jpg 1004件 [詳細] fileWindows7Restore006.jpg 815件 [詳細] fileWindows7Restore005.jpg 882件 [詳細] fileWindows7Restore004.jpg 903件 [詳細] fileWindows7Restore003.jpg 831件 [詳細] fileWindows7Restore002.jpg 848件 [詳細] fileWindows7Restore001.jpg 889件 [詳細] fileWindows7Backup009.jpg 874件 [詳細] fileWindows7Backup008.jpg 892件 [詳細] fileWindows7Backup007.jpg 914件 [詳細] fileWindows7Backup006.jpg 883件 [詳細] fileWindows7Backup005.jpg 946件 [詳細] fileWindows7Backup004.jpg 982件 [詳細] fileWindows7Backup003.jpg 928件 [詳細] fileWindows7Backup002.jpg 1006件 [詳細] fileWindows7Backup001.jpg 964件 [詳細]